ショットバーエリー

禁煙の隠れ家的バー

【食べログから抜粋】
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270306/27077262/dtlrvwlst/B209474799/?use_type=0&smp=1

森ノ宮と緑橋の間にある隠れ家的バー発見。可愛いニャンコと素敵なママがいるバー。

うれしいことに禁煙で、裏の公園の緑が見えるおしゃれな店内で美味しいお酒が楽しめます。

生ミントたっぷりのモヒート、生グレープフルーツを使ったソルティドッグ、美味しかったです。

アットホームなバー

【「キャノンデールのB級食べ歩記」より抜粋】
https://gourmet-cannondale.blogspot.jp/2016/01/ellie.html

中央大通沿いにある不思議な外観の建物が、私の関西支社最終日の締めくくりのお店。
もっと早くに来たかったのですが、ロケーションが離れていて都合がつかず、とうとう今日になってしまいました。

Cafe Bar Ellie。

美人で気さくな浪速女のママが一人で切り盛りするアットホームなバー。

ビニシーなので、外を走る車の音がBGM。

久しぶりの訪問です。
角ハイボールをもらいました。

「蒲生の今西のパンがあんねん。食べる?」
とママ。
今西とは、食パン専門のパン屋さん。
彼女は、ママと言うには若く、キュートです。
女性客が多いのも、彼女の人柄に惹かれて来るからでしょう。
「ありがとう。でももうお腹いっぱいだから、一口でいいよ」

「厚切りで焼いたら美味しいねんで~」
と、話し方も可愛い。
こんな妹がいたら良かったな、と思う女性です。

愛猫のボゥビィ。
動物愛の強いママは、生き物をとても大切にしています。

「お客さんが昨日カレー持ってきてくれて、そのオイルがメッチャ辛いねん。それで茹で卵浸けてみたから食べてみて~。キャノンデールさん、たまご好きやもんね」
といって茹で卵を出してきました。
私の隣の女性客お二人にも同じものを。

フェイスブックでお友達の彼女は、私のたまご好きをよくご存知。
ツーリングで出かける温泉の情報が役立っていたので、転勤は残念と言います。

確かにピリ辛。
今日は二軒目までアジアンスパイス系。

後から来た女性客に
「ご飯食べる~?何が作ってあげよか~」
と問いかけます。
親戚のお姉さんのようなキャラに惹かれて今宵も人が集まります。
私はそろそろ眠くなってきました。
ラストの一週間、全力疾走でした。
最後のハイボールをママと乾杯。

「私、写真撮られるの、メッチャ苦手やねん」
というママに、転勤前の最後のお願いでツーショットを撮ってもらいました。
お宝です。
23時には閉まる店ですが、今日は0時まで開けさせてしまいました。

中央大通の反対側でタクシーを待つ私を、ママは最後までお店から見送ってくれました。
暖房の効いたタクシーの後部座席に身を沈めて行き先を告げます。
「明日は雪らしいですよ」
という運転手の言葉を聞きながら、出張の準備を全くしていないことを思い出しました。

森之宮の中央大通に面したバーEllie

https://gourmet-cannondale.blogspot.com/2014/02/ellie.html 
【こちらURLから抜粋】

二軒目は当然ホワイトラベルかな、と思っていたら、H夫妻がご挨拶に行きたいお店があるので付き合って欲しいとおっしゃいます。
タクシーで向かったのは森之宮中央大通に面したバーEllie

狭いカウンターの上は料理でいっぱいです。

カマも私の好物。
魚は食べにくい所ほど美味しいのです。
脂ののったブリのカマ大根おろしと一緒に。

ここは寿司屋ではありませんが、なぜかお寿司が美味しいのです。
鉄火巻うなきゅう巻で締めようと思っていたのですが、今日はもうおしまいだとか。
先に頼んでおかないといけませんでした。
それだけ今日はお客さんの出足が早かったのです。

鯖松前寿司なら半本あります」
という若大将の勧めに応じて注文しました。

我々が良く行く与力町竹うちとはまた違った、昆布味が効いた美味な一品。

そして〆はもちろん湯豆腐
大きな魚と棒寿司で、シニア世代の我々の胃袋は許容量を超えています。
しかしこれを食べなければ来た意味がないので、半丁にしてお願いしました。

淡口の出汁で煮た湯豆腐にはたっぷりのとろろ昆布柚子
これが浪速居酒屋流
東京の人に是非とも食べて欲しい料理です。

H夫妻はこの店を大変気に入ってくださいました。
私の方が詳しい事もあるのだ、とちょっと鼻が高い気分です。